ポイント

  • 飛行機はなぜ飛ぶのでしょう。
一番有名な物で、皆さんの中にも知っている方がいるであろう説はこのようなものです。 図1

ヒント

  • ベルヌーイの定理と呼ばれるものがあります。辞書で調べると何やら難しそうなことが書いてありますが、簡単にいえば空気のスピードと圧力の関係です。空気のスピードが速くなるとその部分の圧力は下がります。
サイトなどには、ベルヌーイの定理で飛行機の原理は説明できると書いてあります。写真を見ると、翼の上の方は、翼下より気圧が低いと書いてあります。つまり、ベルヌーイの定理によると、翼の上の方が下より速く空気が動くということです。何かおかしいと感じた人はいないでしょうか。

ヒント

  • 空気が合流するためには、上の方が空気の動きが速くなければいけません。上の方が面積が広いんです。上の空気のほうが速くがうごくのはあり得ないのではないでしょうか。
しかし、実際に実験してみると、上の方が速く空気がうごくのです。ただ、それが分かっていても、理屈が説明できないのでは、原理が分かったとは、言えません。だから、このように普通に知られている説明法はどこか、矛盾している部分があります。ライト兄弟は理屈より先に方法を見つけてしまったのです。