商法択一やってて、株式の相続による共有関係の判例をよく理解してなかったことに気がつく。あ・・あぶなかった。そこらへんきちきちやってて時間をとられまくり。でも、創業者が死んで株式を相続した親族が経営権めぐって骨肉の争い・・ってよくあるらしいので、新司論文でも出ないことはない?そう考えると多少救われます。
 というか、会社法は特に復習に時間がかかるなあ。でも、TKCで壊滅した科目だからキチッとやらんとね〜ヽ(´ー`)ノ